精密機械を取り扱う企業は凄い!

精密機械に関心がある方のための基本情報サイト

精密機器・精密機械の出現と文明レベルの変化

本項は、日常的に使う機会が多い精密機械について具体例を交えて言及することで、精密機械の生活との密接さを示すと共に、多くの場面において混同されがちな精密機器との相違を提示するなど、精密機械の基本的な知識となる情報をまとめることを試みたページです。

ベーシックな精密機械の知識

一八世紀の技術革新による精密機器の産業への転用の実用化によって、各分野の産業化が進み産業革命が起こると、当時の列強の文明レベルは飛躍的に上昇し、一九世紀になる頃には精密機器と精密機械が産業の中核を担うまでになりました。

産業革命を皮切りに精密機器と精密機械は進化を続け、両者の進化に伴い産業も発展を遂げ、産業によって文明レベルが上昇していくに従って、精密機器と精密機械に更なる進化を促すという循環が生まれ、現代では精密機器と精密機械なしでは生活が立ち行かないほどに人々の生活に溶け込み、精密機器・精密機械共に文明発展の主軸であり続けています。

精密機器並びに精密機械の進化は、工業・輸送・科学。医療など、あらゆる分野に影響を及ぼし、各分野の発展に寄与するだけでなく、やはりいずれの分野においても浸透していき、発展の中核を担っているのが現状です。

つまり、精密機器と精密機械こそ現文明の発展の原動力と言って過言ではなく、文明の急速な発展の主要な要因であることが窺えるわけですが、文明レベルの上昇スピードに人間がついていけない部分もあり、公害や環境汚染の形で現れ、大きな犠牲を生むことになったことも事実で、文明の発展は人間にとって恩恵だけをもたらしたわけではありません。

もっとも、精密機器や精密機械はあくまで道具や機械でしかなく、公害や環境汚染の責任を問われるべきはあくまで人間であることは明白なので、今後の産業発展に関しては、現在もなお続く公害と環境破壊への対策をはじめ、一層人間の自制を要することになるでしょう。

産業としての課題から企業による精密機械の取り扱いを考える

精密機械産業は日本にとって、世界市場でもトップクラスのクオリティを持つ産業であると同時に、世界レベルに達していない部分も散見される産業です。 アンバランスな産業としての特徴から見えてくる日本における精密機械産業の課題について企業にとっての取り扱いの難度も踏まえて触れていきましょう。

日本の精密機械産業の状況と日本企業のアドバンテージ

日本の精密機械産業の状況についてハード面の技術状況とソフト面の技術状況、それぞれの実情に迫り、ハード面での優位性とソフト面での劣位性に対しての私見を述べながら、日本企業の精密機械産業における強みである、超精密加工技術と微細加工技術についてまとめました。